相内優香の学歴は?大学院・大学・高校・中学校・小学校の出身校を大公開【テレビ東京アナウンサー】

アナウンサー

相内優香さんといえば、2008年にテレビ東京に入社され、1年目では、「Jナビ」や「A×A ダブルエー」などに抜擢だされ、数々の番組出演経験のある女性アナウンサー。

2020年には、MBA(経営管理学修士)の取得を目指して、大学院に社会人入学をされました。

テレビ東京前にも、スカパーやフジテレビ、テレビ朝日など各局のテレビ番組にも出演されており、2006年には、トヨタのオーリスのCMにも出演。

また、2018年からは、VtuberとしてバーチャルYouTuberデビューされたことでも注目されています。

そんな、幅広く様々な活動をされている相内優香アナですが、インターネット上では、「学歴」「出身校」というワードとともに検索されることが度々あるようです。

おそらく、相内優香アナがどんな学校に通われていたのか気になる方が多いのでしょう。

ここに辿り着いたあなたも、同じことをお考えでお調べだったのではないでしょうか?

もし、相内優香アナの学歴情報をお探しでしたら、この記事では、出身大学院、大学、高校、中学校、小学校情報とともにまとめてみましたので、ぜひ、ご参考になさってください。

スポンサーリンク

相内優香アナの学歴その1.出身大学院

 

この投稿をInstagramで見る

 

相内優香(@aiuchi_yuuka_official)がシェアした投稿

冒頭でお伝えした通り、相内優香アナは大学院に通われています。

その学校は、通称「早稲田大学ビジネススクール」です。

ビジネススクールというと大学院っぽくないですが、正式名称は、「早稲田大学大学院経営管理研究科」といいます。

なお、相内優香アナは、同校の夜間コースを専攻された模様。

ご自身のインスタグラム内でも語られていたので、シェアしておきます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

相内優香(@aiuchi_yuuka_official)がシェアした投稿

経済の専門性をアナウンサーと両立しながら学びたいとコメントされているように、相内優香アナのストイックさが伺えますね。

新事業に対することへも言及されていることから、アナウンサーの幅を超えた野望が見え隠れしています。

ますます相内優香アナの今後のご活躍に期待です。

以上、相内優香アナの出身大学院についてでした。

スポンサーリンク

相内優香アナの学歴その2.出身大学

 

この投稿をInstagramで見る

 

相内優香(@aiuchi_yuuka_official)がシェアした投稿

つづいて、アナウンサーになる前に相内優香アナが通われていた出身大学についてです。

彼女は、立教大学に通われていました。

学部学科は当時の名前で、社会学部産業関係学科です。

現在は経済学部になっています。

なお、相内優香アナは、大学時代にフリーアナウンサーが多数在籍しているセント・フォースに所属。

大学1年生だった2004年には、ミス立教コンテスト2004に出場され、準グランプリに輝いています。

そのときの写真が見つかったので、シェアしておきます。

画像引用元:Miss Canpus Japan【ミス立教コンテスト2004】

当時も変わらず、お綺麗ですね。

また、サークルに入られていた情報はありませんでしたが、キャンパススパークと呼ばれる女子大生向けのコミュニティに所属されていました。

ちなみに、キャンパススパークでは、元TBSの枡田絵理奈アナさんや元テレビ番組の竹内由恵アナも入っていたそうで、今でも仲が良いとのこと。

また、枡田絵理奈アナとは、TBSアナウンススクールにも一緒に通っており、そこには元フジテレビの加藤綾子アナも所属されており同期です。

そのため、相内優香アナは、お二人のことを「戦友」と思っており、とても仲が良いことを明かしています。

以上、相内優香アナの出身大学についてでした。

スポンサーリンク

相内優香アナの学歴その3.出身高校

 

この投稿をInstagramで見る

 

相内優香(@aiuchi_yuuka_official)がシェアした投稿

次に、立教大学に入る前に通われていた相内優香アナの出身高校のご紹介です。

彼女は、群馬県高崎市の出身で、高校は前橋市にある共愛学園高校に通学されていました。

共愛学園高校は私立の学校で、もともと女子校でしたが、2000年から男女共学になっています。

相内優香アナの2001年が入学年のため、彼女は、共学化された後に通われていました。

共愛学園高校の制服は、こんな感じです。

画像引用元:共愛学園高等学校【制服】

残念ながら、相内優香アナがこの制服を着た姿はみつかりませんでしたので、頭の中で想像してみてください(笑)

美人な相内優香アナなので、きっと制服姿もお似合いだったことでしょう。

ちなみに、高校時代の相内優香アナは、運動が苦手で、放送部に所属されていたとのことです。

もしかしたら、この経験も後のアナウンサー業への糧になっているのかもしれませんね。

放送部では、全国大会にも出場したそうですよ。

なお、共愛学園高校には、以下の4つのコースが設けられております。

・普通科特進コース
・普通科進学コース
・英語科特進コース
・英語科進学コース

相内優香アナがどのコースを選択されていたかまでは、わかっていませんが、進学先が社会学部のため、英語科ではないかと思われます。

また、普通科の特進コースは、理系に特化していることを考えると、普通科進学コースに通われていた可能性が一番高いと推測できます。

以上、相内優香アナの出身高校についてでした。

スポンサーリンク

相内優香アナの学歴その4.出身中学校

 

この投稿をInstagramで見る

 

相内優香(@aiuchi_yuuka_official)がシェアした投稿

つづいて、相内優香アナの出身中学校についてお伝えします。

実は、前項でお伝えした出身高校の共愛学園高校が中高一貫で、相内優香アナも系列の共愛学園中学校に通われていました。

この学校は外部入学も認めていますが、相内優香アナは、内部進学者です。

学校の様子がわかる動画があったので、シェアしておきます。

ご興味あれば、ぜひ、ご覧ください。

中学校の制服の画像は見当たらなかったのですが、動画で登場する女生徒が着用されています。

前項の高校とは若干デザインが異なるようですね。

なお、相内優香アナの中学時代の様子は、3年生のときに、参議院が主催した子ども国会にて群馬県代表を務められ、発言の機会がありました。

また、同じく3年生の時には、NHK杯放送コンテストに参加。

銀河鉄道の夜(宮沢賢治著)を朗読してテープに録音して応募したところ、群馬県で2位を獲得したそうです。

国語教師に誘われて、興味本位で送ったものが2位という好成績だったこともあり、これがきっかけで、朗読の楽しさに気付いたことを過去のインタービューで語られていました。

以上、そんな中学時代を過ごされていた相内優香アナの出身中学校についてでした。

スポンサーリンク

相内優香アナの学歴その5.出身小学校

 

この投稿をInstagramで見る

 

相内優香(@aiuchi_yuuka_official)がシェアした投稿

最後に、学歴の一歩目となる相内優香アナの出身小学校についてのご紹介です。

この流れあれば、公表されていることに期待したのですが、残念ながら相内優香アナご本人から発表されている様子は見当たりませんでした。

しかし、別ルートで有力情報が確認できたのでお伝えしますと、相内優香アナご自身のTwitter投稿にヒントが隠されています。

そのTwitterがこちら。

競泳の貴田裕美選手のことが紹介されていますね。

しかも、同級生です!とあります。

ここから貴田裕美選手を調べてみると、なんと出身小学校が公表されているのです。

その学校というのが、堤ケ岡小学校

もともと、群馬郡群馬町という町にあり、町立として運営されていましたが、2006年に市町村合併に伴い、高崎市に編入されました。

そのため、現在は町立ではなく、高崎市立堤ケ岡小学校となっています。

先述のとおり、貴田裕美選手がこの小学校に通われていて、なおかつ相内優香アナのTwitterでの同級生発言をみれば、間違いなさそうです。

なお、相内優香アナの小学校時代の様子は、あまり多く公になっていないようで、どんな子供だったのかまで把握することができませんでした。

唯一あげられるとすれば、出席番号が1番だったということくらいでしょうか(笑)

「あいうち」だから、あいうえお順であれば、当たり前ですよね(笑)

小学校時代については、何か詳しい情報が入り次第、改めてお伝えさせていただきます。

以上、相内優香アナの出身小学校についてでした。

スポンサーリンク

相内優香の学歴は?大学院・大学・高校・中学校・小学校の出身校を大公開のまとめ

いかがだったでしょうか?

ここまで、相内優香アナの学歴として、大学院、大学、高校、中学校、小学校として出身校についてまとめてご紹介してきました。

お伝えの通り、相内優香アナの出身大学院は早稲田大学大学院経営管理研究科(通称:早稲田大学ビジネススクール)

出身大学は、立教大学、出身高校・中学校が共愛学園中学校・高等学校

そして、出身小学校は、旧群馬町立堤ケ岡小学校の可能性が高いです。

この記事はお役立ていただけたでしょうか?

少しでも、ご参考していただけたのであれば、幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました