古賀大樹弁護士の事務所や人物像を徹底調査!未成年後継人横領事件【大阪】

ニュース

古賀大樹容疑者が依頼者である高校生の銀行口座から現金を横領したとして逮捕された事件。

インターネット上では、容疑者が弁護士ということもあり事務所の特定などの動きが加速しています。

古賀大樹容疑者とは一体何者なのか?この記事では、その人物像に迫りました。

スポンサーリンク

古賀大樹容疑者が逮捕された事件の概要

古賀大樹容疑者が逮捕された事件の詳細はこちらの記事に掲載されていました。

未成年後見人として高校生の依頼者から預かっていた金を横領したとして、40代の弁護士が逮捕されました。

記事引用元:Yahoo!ニュース【未成年後見人の大阪弁護士 勝手に出金・定期預金解約も…830万円横領で逮捕 遊興費に使った…】

報道によると、家庭裁判所から未成年後継人として選任され、被害者の高校生を担当。10回にもわたる銀行口座からの無断出勤に加えて、定期預金も解約して現金を横領した疑いがもたれているとのこと。

そんな古賀大樹容疑者は、どんな人物なのか気になるところですね。調べてみました。

スポンサーリンク

古賀大樹容疑者の事務所

古賀大樹容疑者は、弁護士として大阪弁護士会に所属していると発表がありました。そこで、事務所を弁護士会のホームページで調べてみると、こちらの情報が出てきました。

事務所の名前は、自身の名字を使った「古賀法律事務所」です。住所は、堺市南区鴨谷台2-7-1とあります。地図で見てみるとこちらです。

外観はこちらです。

建物名が「プレイズ堺光明池」となっていますが、マンション物件のようです。ちなみに自宅は大阪府中央区と報道されています。

ニュースで報道されている映像をみるとこちらが該当するようです。

スポンサーリンク

古賀大樹容疑者の顔画像

つづいて、あなたも含め多くの方が注目している古賀大樹容疑者の顔画像をリサーチしてみました。

今のところニュース報道には、こちらの顔画像が出ていました。

先述の古賀法律事務所のホームページに掲載されていた顔画像とのことですが、現在閉鎖してしまったのかアクセスすることができません。

そのため、ニュース記事以外のどこかに掲載されていないかGoogleの画像検索などを駆使してリサーチしてみることにしました。

こちらが容疑者の顔画像の検索結果です。

ご覧通り、これといって古賀大樹容疑者と断定できる顔画像が出てきません。それどころか同姓同名の別人の方ばかりの顔画像が表示されてしまう状況です。

そこで、SNSアカウントに顔画像が投稿されているかもしれないことに、着目して調査を進めてみました。

スポンサーリンク

古賀大樹容疑者のフェイスブック

まずは、登録者数が多く本名での登録率も高いとされるFacebookで古賀大樹容疑者のアカウントを探してみようと思いますが、現在調査中です。

古賀大樹容疑者のフェイスブックアカウントを特定できたらまたは続報などで知り得たら、追記させていただきます。

スポンサーリンク

古賀大樹容疑者のインスタグラム

つづいて、こちらも利用者多いと言われているインスタグラムでも古賀大樹容疑者のものと思われるアカウントは探してみようと思いますが、現在調査中です。

古賀大樹容疑者のインスタグラムアカウントを特定できたらまたは続報などで知り得たら、追記させていただきます。

スポンサーリンク

古賀大樹容疑者のTwitter

次に、Twitterでも古賀大樹容疑者のものと思われるアカウントを探してみることにしましたが、現在調査中です。

古賀大樹容疑者のツイッターアカウントを特定できたらまたは続報などで知り得たら、追記させていただきます。

スポンサーリンク

古賀大樹容疑者や事件に対する世間の反応

最後に古賀大樹容疑者に対する世間の反応として、インターネット上の声をご紹介しておきます。

最近、弁護士による金銭搾取事件が多い気がします。
もはや弁護士個人に管理を任せず、法務局の供託制度などを法的に義務付けた方が良いのでは?
毎回、弁護士会は「綱紀粛正」と言うけど、高校生の騙し取られたお金は戻らないでしょ。
こうなると、システム上、お金を失わせない制度のみしか頼れないじゃん。

このように、古賀大樹容疑者に限らず、昨今、弁護士による横領事件が目立つこともあり、法整備が必要とのコメントも多く見受けられました。

スポンサーリンク

まとめ:古賀大樹の顔画像は?SNSから徹底調査

いかがだったでしょうか?

ここまで、古賀大樹容疑者の顔画像をご紹介できればと思い、SNSアカウントなどを中心にリサーチしてまとめてみましたが、残念ながら現在見つけだせない状況です。

これを踏まえて、引き続き調査を進め、有力な情報が入り次第、追記させていただきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

p.s.
この人物に関して、何かご存知のことがあれば、コメントまたはお問い合わせフォームより情報提供お願いいたします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました