秦靖洋(はたやすひろ)の顔画像は?ハンマー殴打事件容疑者をSNSから徹底調査

ニュース

秦靖洋(はたやすひろ)容疑者が40代の女性を大けがさせた疑いで逮捕された事件。

このニュース報道を受けて、インターネット上では犯人の特定が加速化しています。

一体何者なのか?この記事では、その人物像に迫りました。

スポンサーリンク

秦靖洋(はたやすひろ)容疑者のハンマー殴打事件の概要

秦靖洋(はたやすひろ)容疑者が女性にハンマーで殴打した後、逃亡の末、逮捕された事件については、こちらの記事に掲載されていました。

事件からおよそ5時間後、殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、松江市の無職・秦靖洋容疑者(46)。警察の調べに「被害者の頭をハンマーで何回もたたいたことは間違いない。殺すつもりはなかった」などと、容疑を一部否認しているということです。警察は、2人は顔見知りだったとみて、秦容疑者が犯行に至った経緯などを調べています。

記事引用元:Yahoo!ニュース「ハンマーで何回もたたいた」男逮捕 松江

殺意はないと供述しつつも、被害者の女性をハンマーで何度も叩いていることは認めていると矛盾を感じ得ないですが、秦靖洋(はたやすひろ)容疑者がどんな人物なのか気になるところですね。調べてみました。

スポンサーリンク

秦靖洋(はたやすひろ)容疑者の顔画像

まずは、あなたも含め多くの方が注目している秦靖洋容疑者の顔画像を探してみました。

今現在、出ている各社ネットニュースには事件現場の映像は出ているものの容疑者の顔写真は全然出回っていません。

どこかに掲載されていないかGoogleの画像検索などを駆使してリサーチしてみることに。

しかし、ニュース記事に使われている切り抜きか全く関係ない画像しか表示されません。

そこで、SNSアカウントに着目して調査を進めてみました。

スポンサーリンク

秦靖洋(はたやすひろ)容疑者のフェイスブック

差し当たり、本名で登録されている可能性が最も高いとされるFacebookで秦靖洋容疑者のアカウントを探してみました。

Facebook上から容疑者の名前を入力して検索をかけてみましたが、「秦洋」という名前のアカウントは多数出てくるものの同姓同名のアカウントが出てきません。

Googleで検索をかけてみると、シンガーソングライターの秦基博が出てきてしまう始末です。

確かに秦の姓は一緒で、「はたやすひろ」と「はたもとひろ」の読み方も似てはいますが・・・正確にヒットしてくれません。

もしかすると、秦靖洋容疑者はフェイスブックのアカウントを持っていないのかもしれません。もしくは、別名で登録されている可能性も考えられます。

引き続き調査を進め、新情報が入り次第改めてお伝えさせていただきます。

スポンサーリンク

秦靖洋(はたやすひろ)容疑者のインスタグラム

つづいて、インスタグラムでも秦靖洋容疑者のアカウント探してみました。

インスタグラム上の検索窓に容疑者と同じ名前を入力してみたところ、ローマ字登録のアカウントを1件発見。

アイコンに顔画像が登録されていますが、件の秦靖洋容疑者とは別人だと思われます。

その他にも何件か出てきますが、「はたの」や「はたなか」と異なった名前のアカウントしかでてきません。

どのアカウントも秦靖洋容疑者のものである確証がイマイチ得られない状況です。

インスタの場合、Facebookと比べてハンドルネームで登録されるケースが多いので、別名で登録されている可能性もありますが、もうしばらくリサーチを進めてみます。

スポンサーリンク

秦靖洋(はたやすひろ)に対する世間の反応

最後に秦靖洋容疑者に対する世間の反応として、インターネット上の声をご紹介しておきます。

こういうニュースが出るたびに、死ぬかもしれないという事を故意で行った場合は、殺意の有無は関係ないと思ってしまう。

それから責任能力についても関係ないよね?
罰則を強化しないと、いつまでなってもこういう事件は無くならないと思うけど、裁判長はこんな犯人が出てきて自分の家族の隣家に居住したとしても、罪を償ったから安心と思えますか?

 

どうせ自分には縁もゆかりもない場所の話題とくらいにしか思っていないのでは?
仮に自分の身内の近所にこんな人間が居たら不安で安眠できないと思う。

このように、似たような事件が度重なる現状や司法の在り方に不満を持った意見も見られました。

殺人にはなっていないため、刑が確定してもそんなに長い懲役が付かない可能性も考えられます。

確かに、このような事件を撲滅するための法制度は必要かもしれません。

スポンサーリンク

まとめ:秦靖洋(はたやすひろ)の顔画像は?ハンマー殴打事件容疑者をSNSから徹底調査

いかがだったでしょうか?

ここまで、秦靖洋(はたやすひろ)容疑者の人物像として顔画像についてSNSアカウントを中心に調査したことをまとめてみましたが、残念ながら有力な情報が見つかっていない状況です。

ですから、引き続き調査を進め、新情報が入り次第、随時追記させていただきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました