遠藤昌宏をフェイスブックなどのSNSから徹底調査!さいたま市運送会社保険金搾取事件

ニュース

遠藤昌宏容疑者が同じ会社の人間3人と5年前に交通事故を装って保険金を騙し取ったとして逮捕された事件。

インターネット上では、容疑者のSNSの特定などの動きが加速しています。

遠藤昌宏容疑者とは一体何者なのか?この記事では、その人物像に迫りました。

スポンサーリンク

遠藤昌宏容疑者の事件の概要

遠藤昌宏容疑者が逮捕された事件の詳細はこちらの記事に掲載されていました。

遠藤昌宏のフェイスブックやインスタグラムなどのSNSから人物像を徹底調査!

詐欺の疑いで逮捕されたのはさいたま市緑区の運送会社社員、遠藤昌宏容疑者(45)ら4人です。遠藤容疑者らは2016年12月、さいたま市岩槻区の県道で2台に分かれて車に乗り、信号待ちをしている際に故意に追突して交通事故を偽装し、保険会社から自動車保険金、およそ420万円をだましとった疑いがもたれています。

記事引用元:Yahoo!ニュース【交通事故装い保険金詐取、運送会社社員ら4人逮捕 余罪複数か】

逮捕された容疑者にはした疑いがもたれているとのこと。

遠藤昌宏容疑者は、仲間と共謀して保険会社から約570万円を騙し取った末、逮捕された模様ですが、どんな人物なのか気になるところですね。調べてみました。

スポンサーリンク

遠藤昌宏容疑者のフェイスブック

まずは、登録者数が多く本名での登録率も高いとされるFacebookで遠藤昌宏容疑者のアカウントを探してみようと思いますが、現在調査中です。

遠藤昌宏容疑者のフェイスブックアカウントを特定できたらまたは続報などで知り得たら、追記させていただきます。

スポンサーリンク

遠藤昌宏容疑者のインスタグラム

つづいて、こちらも利用者多いと言われているインスタグラムでも遠藤昌宏容疑者のものと思われるアカウントは探してみようと思いますが、現在調査中です。

遠藤昌宏容疑者のインスタグラムアカウントを特定できたらまたは続報などで知り得たら、追記させていただきます。

スポンサーリンク

遠藤昌宏容疑者のTwitter

次に、Twitterでも遠藤昌宏容疑者のものと思われるアカウントを探してみることにしましたが、現在調査中です。

遠藤昌宏容疑者のツイッターアカウントを特定できたらまたは続報などで知り得たら、追記させていただきます。

スポンサーリンク

遠藤昌宏容疑者のマスクなし顔画像

さて、遠藤昌宏容疑者の顔画像についてですが、逮捕時の映像が出回っているものの昨今の情勢によりマスク姿です。このため、容疑者の素顔を知りたいという方も多いみたいです。

しかし、現在、SNSアカウントを特定できていない状況のため、Googleの画像検索などを駆使して調べてみました。

こちらが容疑者の顔画像の検索結果です。

ご覧通り、これといって遠藤昌宏容疑者と断定できる顔画像が出てきません。引き続きリサーチを進め、特定でき次第追記させていただきます。

スポンサーリンク

遠藤昌宏容疑者の会社

気になる遠藤昌宏容疑者の会社についてです。既に報道されている情報としては、さいたま市緑区の運送会社とあります。会社名までは発表されていないので、調べてみました。

グーグルマップで「さいたま市緑区 運送会社」と検索をかけてみると

このような結果となります。地図上には約20件の運送会社が出てきますが、遠藤昌宏容疑者の会社がどれかまでは、まだ特定できていません。引き続きリサーチを進め、新しいことが分かり次第、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク

遠藤昌宏容疑者や事件に対する世間の反応

最後に遠藤昌宏容疑者や事件に対する世間の反応として、インターネット上の声をご紹介しておきます。

 

事故で味をしめると保険金詐欺に走るパターンって結構あるよね。

1度目は意外と簡単に成功してばれないのか、2度3度と繰り返していると捕まることが多い印象。
保険会社も怪しいと思いつつも1回目は、色々と面倒だから保険金を出して終了。

日常的に事故処理ばかりやっている保険会社は少しでも怪しかったら、すぐにバレて捕まるよ。
だから保険金詐欺なんてやるよりも、真面目に働いた方が結局稼げるし真っ当です。

 

このように、保険金詐欺をしても結局捕まることが多いことを指摘する声も多く見受けられました。

スポンサーリンク

まとめ:遠藤昌宏の顔画像は?SNSから徹底調査

いかがだったでしょうか?

ここまで、遠藤昌宏容疑者のフェイスブックをご紹介できればと思い、他のSNSアカウントや顔画像などを中心にリサーチしてまとめてみましたが、残念ながら現在なかなか見つけだせない状況です。

これを踏まえて、引き続き調査を進め、有力な情報が入り次第、追記させていただきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました