千代田区タクシー事故現場が判明!原因は運転手の病気の可能性が浮上!【東京九段南】

ニュース

東京都千代田区でタクシーによって死傷者を出した事故についてまとめました。

スポンサーリンク

千代田区タクシー事故の概要

件のタクシー事故が起きたのは、2021年9月11日16時20分頃。その詳細はこちらの記事に掲載されていました。

11日午後4時20分ごろ、東京都千代田区九段南1丁目の都道で、個人タクシーが歩行者や自転車をはねた。警視庁によると、歩道でタクシーを待っていた70代の女性が死亡し、タクシーの60代の男性運転手が意識不明の重体。このほか、タクシーの乗客の30代男性が重傷を負い、自転車や歩行中の3人もけがをした。

記事引用元:Yahoo!ニュース【タクシーが歩行者はね、1人死亡1人重体 運転手の体調異変が影響か】

報道によると千代田区九段南が事故現場で、死亡者、重軽傷者が複数出ている模様。60代の運転手も意識不明の重体とのことです。

また、事故を起こした車両は個人タクシーで、乗客も乗っており怪我をしているとの報道もあります。

そんな重大事故ですが、インターネット上では、事故現場の詳細や事故原因の特定が加速しています。

そこで、この記事では、事故現場となった東京都千代田区九段南の場所や事故原因とされる運転手の病気についてまとめてみました。

スポンサーリンク

千代田区タクシー事故現場の詳細

既に報道で発表されているとおり、タクシーが事故を起こした現場は、東京都千代田区九段南とあります。

また、こちらのニュース記事では、「千代田区役所前」と発表されていました。

警視庁などによりますと、午後4時20分ごろ「千代田区役所前で人がはねられた。タクシーと歩行者の事故です」と通行人から119番通報がありました。

記事引用元:Yahoo!ニュース【意識不明だった70代女性死亡 タクシー歩道突入】

分かりやすく地図でみてみましょう。

ストリートビューでみてみると、このあたりかと思われます。

どうやら、都道401号線で起きた事故のようです。

スポンサーリンク

千代田区タクシー事故の原因

では、一体なぜ、このような事故が起きてしまったのでしょうか?調べてみました。

そのヒントとなる情報がこちら。

事故直前、タクシーは先頭で信号待ちをしており、青信号になっても発進しなかったため、後続車にクラクションを鳴らされ、発進。約50メートル先で自転車などをはねて歩道に乗り上げ、街路樹にぶつかって停車したという。

記事引用元:Yahoo!ニュース【歩道にタクシー、女性死亡 運転手重体 東京】

事故直前に、タクシーは先頭で信号待ちをしていたが、青に切り替わっても発信する様子がなかったということで、後続車が発信を促すためにクラクションを鳴らしたとのこと。

これに反応したのか、タクシーが急発進をして件の事故が起きてしまったとのことですが、これを考えると、信号待ちの段階あるいはその前から運転手は体調に何かしらの異常をきたしていたことが考えられます。

東京都では以前にも似たような事故が渋谷で発生しており、当時の運転手はくも膜下出血の疑いがあったとのことで、もしかしたら今回も同様の症状だった可能性も否定できません。

他にも色々と情報を探してみましたが、肝心の運転手も重体なため詳しいことが分かっていない模様です。

これにより続報を含め、引き続きリサーチを進めて新情報が入り次第、追記させていただきます。

スポンサーリンク

千代田区タクシー事故の車種

さて、インターネット上では事故現場や原因の他、タクシーの車種についても気になっている方が多いようなので、こちらも調べてみました。

ここまで発表されているニュース映像を見る限り、事故後の大破した車両状況しか映っていないため、特定が難しいですが、運転席のドアには「個人タクシー」の文字が見えます。

また、車両タイプはセダンかと思われます。そこで、東京と個人タクシー協同組合に登録されている車種をチェックしてみたところ以下の車種が該当。

■クラウン
■フーガ
■カムリ
■アコード
■マークX
■センチュリー
■プリウス

それぞれの車種画像は次の通りです。

■クラウン

画像引用元:トヨタ【クラウン】

■フーガ

画像引用元:日産【FUGA】

■カムリ

画像引用元:トヨタ【カムリ】

■アコード

画像引用元:ホンダ【ACCORD】

■マークX

画像引用元:価格ドットコム【マークX】

■センチュリー

画像引用元:トヨタ【センチュリー】

■プリウス

画像引用元:トヨタ【プリウス】

今回、事故を起こしてしまったタクシーの運転手も組合員であれば、この中の車種である可能性が高いです。

ただ、映像からの車種形状を見る限り、明らかにセンチュリーではなさそうです。

個人的には、写真と見比べてみても、カムリあたりではないかと考えます。

スポンサーリンク

千代田区タクシー事故に対する世間の声

最後に、今回の千代田区で発生したタクシー事故に対する世間の反応としてインターネット上の声をご紹介しておきます。

自分も先日、駅から家までタクシーを使って帰宅しました。
自分の親くらいの世代の方が運転手でしたが、道中の横断歩道を渡ろうとしていた小学生を無視して素通り。
一瞬ドキッとしました。
最近のタクシー運転手は年配の方が多い印象なので、定年制を導入など対策を考えた方が良いと思いました。

このように、タクシーに限らず池袋事故を筆頭に年配者の運転手による事故が多発していることから、タクシーの運転手にも定年制などのルールを設けた方が良いとの声が多く見受けられました。

スポンサーリンク

まとめ:千代田区タクシー事故現場が判明!原因は運転手の病気の可能性が浮上!

いかがだったでしょうか?

ここまで、東京都千代田区で発生したタクシー事故について詳しい現場や原因についてお伝えしてきました。

不確定情報も多いため引き続きリサーチを進め、何か新たに分かり次第、追記させていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

p.s.
この事故や運転手に関しての情報をお持ちでしたら、コメントまたはお問い合わせフォームより提供いただきますよう、お願い申し上げます。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました