新井幸雄の顔画像をSNSから徹底調査!特別養護老人ホーム入居者暴行事件【北海道北広島市】

ニュース

新井幸雄容疑者が自身が勤務する特別養護老人ホームの入居者に対し暴行したとして逮捕された事件。

インターネット上では、容疑者の顔画像の特定などの動きが加速しています。

新井幸雄容疑者とは一体何者なのか?この記事では、その人物像に迫りました。

スポンサーリンク

新井幸雄容疑者が逮捕された事件の概要

新井幸雄容疑者が逮捕された事件の詳細はこちらの記事に掲載されていました。

特別養護老人ホームの入居者の顔を殴り重傷を負わせたとして28歳の職員の男が逮捕されました。

傷害の疑いで逮捕されたのは、北海道北広島市に住む介護職員、新井幸雄容疑者(28)です。

記事引用元:Yahoo!ニュース【特別養護老人ホームで入居者の80代男性を殴る…介護職員の28歳男を傷害容疑で逮捕 北海道・北広島市】

報道によると、容疑者は入居者の80代男性のトイレに付き添った際に顔面を何度か殴り、骨折の重傷を負わせた疑いがもたれているとのこと。

そんな新井幸雄容疑者は、どんな人物なのか気になるところですね。調べてみました。

スポンサーリンク

新井幸雄容疑者の顔画像

まずは、あなたも含め多くの方が注目している新井幸雄容疑者の顔画像をリサーチしてみました。

今現在、出ている各社ネットニュースには管轄の厚別警察署外観などの映像や画像しか出回っておらず、肝心の容疑者の顔画像が全く見当たらない状況です。

そのため、ニュース記事以外のどこかに掲載されていないかGoogleの画像検索などを駆使してリサーチしてみることにしました。

こちらが容疑者の顔画像の検索結果です。

ご覧通り、モザイク処理をしていますが、これは同姓同名の会社役員の方などの顔画像が多数表示されてしまったためで、新井幸雄容疑者と断定できる顔画像が出てきません。

そこで、SNSアカウントに顔画像が投稿されているかもしれないことに、着目して調査を進めてみました。

スポンサーリンク

新井幸雄容疑者のフェイスブック

まずは、登録者数が多く本名での登録率も高いとされるFacebookで新井幸雄容疑者のアカウントを探してみようと思いますが、現在調査中です。

新井幸雄容疑者のフェイスブックアカウントを特定できたらまたは続報などで知り得たら、追記させていただきます。

スポンサーリンク

新井幸雄容疑者のインスタグラム

つづいて、こちらも利用者多いと言われているインスタグラムでも新井幸雄容疑者のものと思われるアカウントは探してみようと思いますが、現在調査中です。

新井幸雄容疑者のインスタグラムアカウントを特定できたらまたは続報などで知り得たら、追記させていただきます。

スポンサーリンク

新井幸雄容疑者のTwitter

次に、Twitterでも新井幸雄容疑者のものと思われるアカウントを探してみることにしましたが、現在調査中です。

新井幸雄容疑者のツイッターアカウントを特定できたらまたは続報などで知り得たら、追記させていただきます。

スポンサーリンク

新井幸雄容疑者が勤務する特別養護老人ホームについて

報道では、新井幸雄容疑者は北海道北広島市の特別養護老人ホームで事件を起こしたとあります。

調べてみたところ北広島市に所在地を置く「特別養老」に指定されている施設は以下の3件が該当しました。

■特別養護老人ホーム聖芳園
■北広島リハビリセンター特養部四恩園
■特別養護老人ホーム東部緑の苑
具体的にどこかまでは今のところ分かっていません。
スポンサーリンク

新井幸雄容疑者や事件に対する世間の反応

最後に新井幸雄容疑者や事件に対する世間の反応として、インターネット上の声をご紹介しておきます。

この事件に限らず、介護施設における暴行事件を見ると切ないです。
同居の家族や親族だって長期間、介護している間にストレスがたまり、暴言・暴力だったあり得るのに他人の職員ならなおさらのような気がする。
こういう事件があるたび極力、健康を維持して自分は誰かの世話にならずして最後を迎えたいと思ってしまう。
誰かの世話になって生きるのって難しいよね。
介護という職種は他に比べて向き不向きが強いと思うし、誰でもできる仕事じゃないと思う。

このように、介護の問題点から事件に発展しているケースを指摘する声も多々見受けられました。

スポンサーリンク

まとめ:新井幸雄の顔画像は?SNSから徹底調査

いかがだったでしょうか?

ここまで、新井幸雄容疑者の人物像をご紹介できればと思い、顔画像やSNSアカウントなどを中心にリサーチしてまとめてみましたが、残念ながら現在見つけだせていない状況です。

これを踏まえて、引き続き調査を進め、有力な情報が入り次第、追記させていただきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました